フレッツ光とモバイルWiFiルーターとの競合について

私は三十代のサラリーマンです。

家族持ちで、嫁と子供二人のごく平凡な家庭を持っており、東京郊外の戸建てに住んでおります。
やはり、インターネットは必要ですので、戸建てを購入した際に、既にフレッツ光回線が整備されていましたので、以前、加入しておりましたNTT-MEのwakwakと呼ばれるプロバイダーとセットで加入し、家の中にWiFiブロードバンドルーターを設置して、家族全員で使っておりました。

毎月約数千円がインターネット接続費用で私のサラリーから消えていき、かつ、外でネットをする場合には別途、スマートフォンを利用し、ネット使用といった観点で見るとインターネット接続費用に毎月二万円程度、使っていることになります。

やはり、効率的でなく納得がいかないので、スマートフォンを、契約しているモバイルキャリアがサービスとして出しているモバイルWiFiルーターに切り替えてみました。

フレッツ光回線の場合は光電話など、サービスは充実しているものの、結局はそれらのサービスを十分活用していなかったことがわかりました。

基本的なサービスとして光回線の電話があるのですが、固定電話は我が家では使われず、携帯電話で会話しており、モバイルWiFiルーターに切り替え後、家族からの不満も出ず、普通にネット環境が使えております。

また、もう一つの懸念事項として回線速度が懸念されましたが、こちらも、我が家はネットのヘビーユーザーでも無いので、こちらも不満無く、かつ、費用もある程度抑えられましたので、総合的には満足しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です